名 称:   株式会社小泉硝子製作所
創 業:   明治45年
代表者:   代表取締役 小泉 忠明
所在地: 本  社: 〒110-0011 東京都台東区三ノ輪2丁目8番7号 
               TEL 03−3803−3741 FAX 03-3803-3740
本社の地図はこちら
茨城工場: 〒306-0313 茨城県猿島郡五霞町大字元栗橋4906-6
                 TEL 0280-80-1050 FAX 0280-80-0650
茨城工場の地図はこちら
資本金:   1600万円
事業内容: 低膨張・耐熱・耐薬品性硝子の溶解による製造及び販売
製造品目: 理化学医療用硝子・耐熱硝子食器・各種硝子製ゴム型・各種特殊照明用硝子
        硝子製文具
社員数:   15名
 ■国立科学博物館 産業技術史資料情報センターに資料を提供しております。
●角型水型 (フリーザーポット)1945年〜1946年頃:第二次世界大戦後は進駐軍住宅向けの様々な商品の需要が高まり、ガラス製品も大量に製造された。これもそのひとつで、冷蔵庫で水を冷す為のフリーザーポット。ソーダ・ガラスを型吹き成形した本体に、研磨仕上げを施した蓋がつく。
●コンドーム スキン型1945年〜1946年頃:スキン型は耐熱性が要求されるものであり、理化学医療用ガラスを主に専門としてきた小泉硝子(明治45年創業)は、耐熱ガラス性の型をメーカーに供給してきた。1945年頃に製造された本品は小泉硝子に残る最古の型である。形状はその後変遷を経ており、メーカーごとに異なっている。